スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.02.14 (Mon)

ありがとうコンパイル

最近、またぷよ狂いになってきた!だいぶ浸食されている!
信号待ち、スーパーのレジ待ち、事後。TPOを問わず無意識の内に脳内連鎖を組んでしまう!
下手の横好きだけどね!
飽きっぽさには自信があるこの僕をここまで惹きつけるぷよぷよ。
ぷよぷよがいかに楽しいか、その魅力を語らずにはいられない!


生い立ちを語らざるを得ない!

魔導物語というアルルが主人公のRPGを作っていたコンパイル。
テトリスブームにあやかり、魔導キャラを使った落ち物パズルゲーぷよぷよを発売。
格ゲーブームの影響も受け、対戦要素を導入した今作。
落ち物パズルで対人戦という今までに無い要素は、単純におもしろく
試合を盛り上げるBGMや連鎖ボイス、可愛らしいキャラ等も相まってか見事バカ売れ。
どれも似たような微妙なパズルゲーが量産されていた当時に
旋風を巻き起こした革命児となりました。
そんな中、僕はぷよぷよに目もくれず、狂ったように聖剣伝説2をしていた!
おもしろかったよ!

その後コンパイルは、10年以上経った現在でも遊ばれる不朽の名作、ぷよぷよ通を発売。
相殺システムの追加により戦略の幅が格段に拡がった。
前作のぷよぷよは、いかに相手より先に致死量のぷよを送れるか、考えるのはこの一点のみ。
超先手必勝ゲーだったんだけど、ぷよ通では、後手が有利になった。
一撃で相手を葬る10連鎖をも超える大連鎖を組むか
異常な早さで4~5連鎖をブッ込んでくる速攻タイプ
相手の連鎖の発火準備の隙を狙って、2連鎖などで潰しをするテクい戦法
パワー、スピード、テクニック。正に三位一体の攻防が織り成すガチバトル。
やれる事が増え、プレイヤーに求められるスキルが上がったため
若干コアになったとも感じるけど、その分おもしろさも段違い!
読み合い要素の向上により、対戦がさらに熱くなる!
そのゲーム性の高さ故か、負けた時の悔しさは相当なものがある
一試合ごとのテンポの良さも相まって、気づけば100試合やってるなんてこともザラで
中毒性ももりもり高まっている。
新システムの導入で、奥深さは前作の比ではないほどまでになり
かなりの完成度を誇るぷよ通。
システム面では、ぷよぷよシリーズは、まだ2作品目にしてすでに極まった感がある。
そのころ僕はといえば、聖剣伝説3やKOF'95に夢中だったため
コンパイルが極まっている事なんて知りもしませんでした。

初めてぷよぷよに触れたのはそれから幾年も経った後。
パズルゲーブームもとっくに収束しきり、経営破綻によりコンパイル自体も終息間近のとき。
従兄弟にプレステ版のぷよぷよSUNを借りてやったのが初プレイ。
おもしろいなーと楽しんではいたものの、ぞう大魔王に勝てず
ふてくされてすぐ投げてしまいました。
もちろんハーピー積みを愛用していました。
sukima000743.png

ハーピー積みとは、左右両端から何も考えず一心不乱にぷよを積んでいき
もしかしたらうまいこと連鎖するかもしれない、
という一縷の望みを胸に、全てを運に任せる戦法。
ハーピーの積み方がこれなので、通称ハーピー積み。
かえるもこれだからかえる積みとも言う。
一見、ハーピー積みを小馬鹿にし煽っているように見える画像だけど、これは
自分で連鎖を考え、成功したほうが達成感もあるし楽しいよ!
と暗に示唆してくれていると思えなくもない深い画像。
俺、ぷよぷよマジで強いよ?とか言ってドヤ顔でハーピー積みを披露してくる
中学生以上の友人に出会ったら、許されないので口に手を当て失笑するのもやむなし。
でもせっかくの希少なぷよ友達が出来るチャンスを失うのは惜しいので
ゆっくり丁寧にハーピー積みを直す手ほどきをすることが大切。


SUNでふてくされた僕はその後のぷよシリーズに触れることなく
倒産したのを知る事もなく、テトリスしちゃったりして過ごしていました。
SUN以降のコンパイルぷよ作品についても最近になって知りました。
SUNの次に出した、ぷよぷよ~んとかはいいなあと思います。
ステージによって、両端が繋がっている等の様々な特殊な効果があったり
キャラ毎に必殺技があるなど、対戦ツールとしてはさておき、面白いなと思う。
なによりいいのは絵柄がシリーズで一番かわいいとこ!アルルの衣装がとてもいい。
あとコンパイルが死に際に放った、ぷよぷよBOXというやつ。
集大成的なソフトであるにも関わらず、操作性がもっさりとしていて重く、
苦情が来るほど酷いシナリオ、果てにはボイスのノイズやBGMが音割れする等
末期なだけあってコンパイルは本当にいっぱいいっぱいなんだと
感じさせてくれる、色々と残念なガッカリゲーらしい。
でもこのゲームにはごちゃまぜぷよぷよというモードがある。
ぷよ通ルールやぷよSUNルール等を各々選択し、それぞれ別のルールで対戦できる
という画期的なモード。これ調整次第では、かなり面白くなりそうなんだけど
どうなんだろう。これはどうだったんだろう。


正直、当時はぷよぷよの面白さをビタ一文理解せずにいたので、大した思い出も無いです。
ゲームを起動したとき、メーカーロゴと共にエイズ防止を呼び掛けるマークが
なんで出てくるんだろう、と不思議に思っていたくらいの思い出しか無いです。
あとコンパイルにはTYPE-MOONの現代表取締役の武内崇も務めていたみたい。
ありがとうコンパイル、ぷよぷよを作ってくれて。ありがとう
21:13  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://tukimoya.blog44.fc2.com/tb.php/307-4d076b6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック


▲PageTop

 | HOME | 

プロフィール

マイブーム

最新記事

積みメモ

最新コメント

最新トラックバック

ぷよぴたっ!

月別アーカイブ

カテゴリ

タグクラウド

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

とぅいったー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。